ソーシャルメディアの多用は、メンタルヘルスの重さにつながる

ソーシャルメディアの多用は、メンタルヘルスの重さにつながる
Andrea Ramirez

写真を撮る。シェアする。つながる。ソーシャルメディアは素晴らしいですよね?

携帯電話への依存度が高まる中、ソーシャルメディアアカウントへのアクセスは即座にでき、どこからでもアクセスできるようになりました。ソーシャルメディア上でのつながりは、大切な人たちと連絡を取り続けるための素晴らしいツールです。人と人を結びつけ、絆を深めることができるのです。

また、自分のビジネスやブランドをアピールする際にも、特に遠くの人とつながるときに有効です。

しかし、この依存性にはデメリットも存在します。

携帯電話やソーシャルメディアへの依存は、社会的相互作用にどのような影響を与えているか?特に、携帯電話の使用に大きく依存することは、社会的孤立を深めることにつながります。

スマホをスクロールするのは楽で中毒性があり、ソーシャルメディアの渦に吸い込まれがちです。それに対して、見知らぬ人、あるいは知人との交流は、努力と思考が必要です。

後者は、自分のアイデンティティや社会性が試されることを意味し、最小限の社会的交流であれば、プレッシャーになることもあります。スマホをスクロールしているときはこのプレッシャーがないので、単にスマホに依存するだけで、社会的プレッシャーから解放されやすいのです。

孤独から逃れるために携帯電話を使うことで、人付き合いをする必要がなくなり、社会的な交流が減ります。

もしそれが十分でなかったとしたら、ソーシャルメディアの多用によって被害を受けるのは、社会的交流だけではありません。

ソーシャルメディアがメンタルヘルスに与える影響とは

ソーシャルメディアの普及により、人々は常にお互いの “絵に描いた餅 “のような写真を見ることができるようになりました。

ソーシャルメディアのページでは、完璧な生活を思い描くことが容易であり、ユーザーは投稿や写真を通じて、偽りの、あるいは誇張された幸福感を表現することができます。ソーシャルメディア上で完璧な生活を見せなければならないというプレッシャーは、必然的にフォロワーと自分を比較することにつながる。このフォロワーとの比較は、不安や落ち着きのない感情を悪化させ、写真と同じように「完璧」でなければならないというプレッシャーになることがあります。

また、ソーシャルメディアは、ユーザーを快楽追求の無限ループに「陥れる」こともあります。つまり、ユーザーはポジティブなフィードバックを得ることを根本的な望みとして投稿し、そのフィードバックを受けることで満足感を得るのです。

そのため、ユーザーはより多くのものを求めるようになり、より多くの投稿をするようになります。そのうちに、「いいね!」やフォロワー数、閲覧数、インタラクション数などに執着するようになり、これらはすべて自分の「正当性」を示す尺度として機能するようになります。

そのため、自分の価値はソーシャルメディアにあるのだと勘違いしてしまいがちです。そのため、ソーシャルメディアから必要な休憩を取ったり、ソーシャルメディアが自分の人生を支配しないように意識することが重要です。

全体として、ソーシャルメディアの目に見えない結果を意識して、安全にコントロールしながら楽しむことが重要です。

この記事を共有する
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です