マルク・シャガール

マルク・シャガール

マルク・シャガールという名前はまだあまり馴染みがないかもしれないが、彼の卓越した気まぐれな絵画は、20世紀初頭のモダンアートの先駆者となった。モダニズム時代に最も高く評価された芸術家の一人として、シャガールの幻想的で夢のような芸術は、画期的な方法で色彩と形を探求した。彼の絵画は、超現実的で気まぐれな要素を取り入れたフォークロアとファンタジーの空想世界を描いている。シャガールはロシアで生まれたが、人生の大半をフランスで過ごし、彼の芸術はプリミティヴィスム、キュビスム、フォーヴィスムなど、両国の芸術運動の影響を受けている。しかし、シャガールのスタイルは彼独自のものであった。彼の作品は、絵画、版画、イラストレーション、ステンドグラス、タペストリー、陶芸など、多くの年代とメディアに及んだ。シャガールは97歳まで生き、彼の芸術が世界的に認知されるのを目撃し、近代芸術の代表的人物としての地位を固めた。

Marc Chagall
マルク・シャガール、1912年、油彩、カンヴァス、174.6×192.4cm、ニューヨーク近代美術館。ピーター・ルーカス – 自作, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=19216632

シャガールの芸術スタイルと影響

初期モダニズムの画家であるマルク・シャガールの芸術スタイルは、プリミティヴィスム、フォーヴィスム、シュルレアリスムなど、20世紀初頭のいくつかの主要な芸術運動の影響を受けている。

民俗学やナイーブで子供のような表現に焦点を当てたプリミティヴィズムは、シャガールにインスピレーションを与え、ロシアの民芸品の要素を絵画に取り入れた。これには、強烈な色彩の使用や形態の単純化が含まれる。

シャガールが感情を呼び起こすために大胆で不自然な色彩を用いたのも、鮮やかな色彩の表現を重視するフォーヴィズム運動に大きな影響を受けたからである。彼の絵画は、深い青と緑を基調とし、鮮やかな赤、黄色、ピンクと対比させた、夢幻的で幻想的な質感が特徴である。

シュルレアリスムは、シャガールの作風にもっと微妙な影響を与えた。シュルレアリスムのように、シャガールは非論理的な情景や並置を半現実的なスタイルで作り出すことを目指した。彼の絵画はしばしば、物理法則に縛られない、気まぐれで浮遊する人物や物体を描いている。しかし、シャガールはシュルレアリスム芸術の暗く精神分析的なテーマを拒否し、代わりに愛や喜び、ユダヤ人の村の生活の情景を描いた。

複数の影響を巧みに組み合わせることで、シャガールは独自のスタイルを築き上げた。その巧みな色使いと詩的で気まぐれな情景は、彼を20世紀美術における最も著名な人物の一人とした。愛とユダヤの民話を描いたシャガールの絵画は、世界中の美術愛好家の共感を呼び、近代美術の先駆者としての地位を確固たるものにした。

Marc Chagall
マルク・シャガール、1911-12年、酔っぱらい(Le saoul)、1912年、油彩、カンヴァス。85 × 115cm。個人蔵。マルク・シャガールによる – Der Sturm, Volume 11, Number 3, 5 June 1920, p. 41, PD-US, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=44968774

シャガールの絵画における主要テーマ

マルク・シャガールは、モダンアートの先駆者として、その長いキャリアの中でいくつかの重要なテーマを追求してきた。

中心的なテーマのひとつは、ロシアとユダヤの伝統だった。ベラルーシに生まれたシャガールの作品には、ロシアの民間伝承やユダヤ教の宗教的伝統のイメージが取り入れられている。彼の鮮やかで気まぐれな作風は、農民や農作物のイメージと永遠のユダヤ人の擬人化を並置した「私と村」(1911年)などの作品に見られるように、空想と精神性を融合させている。

もうひとつのテーマは愛とロマンスだった。シャガールの絵画は、夢幻的で詩的なスタイルを用いて、カップルの優しい瞬間を描くことが多かった。誕生日」(1915年)や「夢」(1910年)のような作品は、宙に浮いた恋人たちの愛情を描き、陶酔感と至福感を伝えている。シャガールにとって、愛は物理的な世界を超越しているようだった。

最後に、シャガールは人間の非人間性を追求した。彼の作品にはあまり見られないが、戦争や抑圧の悲しみを反映した作品もある。1938年の作品「白い磔刑」は、十字架にかけられたイエスがユダヤ人の祈りのショールを身に着けている様子を描いており、当時のヨーロッパにおけるユダヤ人の苦しみを荘厳に表現している。

色彩豊かな夢の風景と痛切な主題を通して、シャガールは近代美術の限界を押し広げた。彼の卓越した想像力豊かな絵画は、精神性、愛、人間の苦悩といった永遠のテーマを視覚的に表現した。それから100年以上経った今も、シャガールのジャンルを超えた作品は果てしなく魅惑的である。

近代美術運動におけるシャガールの役割

マルク・シャガールは、20世紀初頭におけるモダンアートの先駆者である。表現豊かで夢のような絵画を通して、シャガールはモダニズムを著名な芸術様式として確立するのに貢献した。

リアリズムの否定

同時代の他の近代芸術家同様、シャガールは19世紀美術を支配していた写実主義を否定した。彼は、芸術は視覚世界を正確に描写すべきだという考えを捨てた。その代わりに、彼の絵画は気まぐれで空想的な夢の風景を描いた。彼の作品は、芸術が単に具象的なものではなく、感情的、象徴的、抽象的でありうることを示した。

フォーヴィスムとキュビスムの影響

シャガールは、フォーヴィスムやキュビスムといった現代美術運動の影響を受けた。フォーヴィスムからは、表現力豊かな色使いとゆるい筆致を取り入れた。彼の絵画は、自然主義的というよりむしろ強調された色彩で、活気に満ちた装飾的な質感を持っている。シャガールはまた、キュビスムの平坦化された形態、幾何学的な形、多視点からも影響を受けているが、彼はこれらを独自の想像力豊かなスタイルにアレンジしている。

ユダヤ伝承の描写

シャガールの作品の多くは、彼のロシア系ユダヤ人の伝統と、ベラルーシのヴィテブスクで過ごした少年時代の民間伝承からインスピレーションを得ている。彼の絵画には、ユダヤ神秘主義の象徴的なイメージが取り入れられ、音楽家、学者、動物など、ユダヤの民話や律法に登場する人物が描かれている。こうしたユダヤの題材を近代的な芸術様式と融合させることで、シャガールは自らの文化的アイデンティティを讃える、他にはない個人的なジャンルを作り上げたのである。

シャガールはこのような資質を通して、想像力に富み、象徴的で、文化的アイデンティティをテーマとする近代美術の新しい語彙を確立するのに貢献した。モダニズムの先駆者としての彼の遺産は、その輝きに満ちた気まぐれな絵画の中に生き続けている。シャガールは、近代美術がいかに深く個人的で、詩的で、写実主義の限界を超えて拡大しうるかを示した。

Marc Chagall
Marc Chagall, 1912, Le Marchand de bestiaux (The Drover, The Cattle Dealer), oil on canvas, 97.1 x 202.5 cm, Kunstmuseum Basel.Marc Chagall – Kunstmuseum Basel and Kanton Basel-Stadt, PD-US, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=59817953 による。

シャガールの最も有名な作品

ザ・ブルー・ライダー(ザ・ブルー・ライダー)

1903年に描かれた《青い騎手》は、シャガールの初期の代表作のひとつである。神秘的な青い騎手が夜の森を疾走する、夢のような場面である。この絵の気まぐれで幻想的な質感は、キュビスム、フォーヴィスム、ロシアの民芸の側面を融合させたシャガール独自の芸術スタイルの特徴である。

私と村

1911年に完成した『私と村』は、シャガールの最初の円熟した芸術作品とされている。このノスタルジックな絵画は、彼が幼少期に過ごしたベラルーシの故郷の思い出を描いている。シャガールは、乳飲み子、農夫、家畜など、村の生活の情景を生き生きと描いている。気まぐれで空想的な作風は、重なり合うイメージと非自然主義的な色彩を見せる。私と村』は、シャガールを前衛芸術家として、また近代美術の先駆者として確立させた。

ザ・フィドラー

1912年に描かれた『バイオリン弾き』は、シャガールの最もよく知られた作品のひとつである。この夢のように叙情的な絵には、夜空、屋根、輝く月に囲まれたバイオリン弾きが描かれている。バイオリン弾きはバイオリンを弾きながら宙に浮いているように見え、喜び、音楽、ダンスの感覚を呼び起こす。この作品の気まぐれで詩的な性質は、記憶や夢を視覚芸術に変えるシャガールの能力を示している。

3本のキャンドル

1938年に制作された『3本のキャンドル』は、グワッシュと油彩で描かれた希望に満ちた作品である。この絵には、夜に輝く3本のろうそくが描かれている。ろうそくは信仰、希望、愛を象徴している。シャガールがこの作品を描いたのは、ヨーロッパにおけるファシズムの台頭を受けてのことだが、暗闇に直面したときの楽観主義と回復力というメッセージは時代を超越している。

シャガールは、その長く多作なキャリアの中で、他にも多くの有名な傑作を生み出した。エッフェル塔のある花嫁」、「夢」、パリ・オペラ座ガルニエの天井画などである。シャガールの想像力豊かで陽気な絵画は、彼を近代美術の先駆者として、また20世紀で最も成功した芸術家の一人として確立した。

シャガールの絵画を鑑賞できる場所

Marc Chagall
マルク・シャガール白い襟のベラ、1917年。マルク・シャガール著 – Марк Шагал, Моя Жизнь ISBN 5-267-00200-3, PD-US, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=7529825 よりスキャン。

主な博物館

シャガール作品の最高のコレクションは、世界中の主要な美術館で見ることができる。ニューヨーク近代美術館には、シャガールの絵画、デッサン、衣装、ステンドグラスの充実したコレクションがある。シカゴ美術館、フィラデルフィア美術館、ロンドンのテート・モダンにも、シャガールの画業のさまざまな時期にまたがる印象的なコレクションが収蔵されている。

シャガール美術館

最も包括的なコレクションを求めるなら、画家とその作品だけに特化したマルク・シャガール美術館を訪れよう。ベラルーシのヴィテブスクにあるマルク・シャガール国立美術館には、絵画、素描、陶器、彫刻など300点以上の作品が収蔵されている。フランスのニースにあるシャガール美術館には、シャガールの17点の大きな聖書画のほか、モザイク画やグワッシュ画が展示されている。フランスのヴァンスにあるシャガール聖書メッセージ美術館には、シャガールの記念碑的作品 “The Message Biblique” がある。

ステンドグラス

シャガールの最も印象的な作品のいくつかは、彼のステンドグラスである。フランスのいくつかの教会や礼拝堂では、その壮大な例を見ることができる。スイスのチューリッヒにあるフラウミュンスター教会には、5つの見事なシャガールの窓がある。イスラエルのエルサレムにあるハダサ病院のシャガールの12枚のステンドグラスは、イスラエルの12部族を描いている。シカゴ美術館の「アメリカの窓」は、シャガールが世俗的な環境のために制作した唯一のステンドグラス作品である。

シャガールの卓越した絵画、デッサン、ステンドグラスを実際に鑑賞することで、このモダンアートの先駆者が創造した想像力豊かで気まぐれな世界を垣間見ることができる。彼の作品は、世界中の新しい世代の芸術家や美術愛好家にインスピレーションを与え続けている。シャガールの作品を所蔵する美術館や場所を探索することは、彼の芸術的視野の広さを十分に理解するまたとない機会となる。

あなたが学んだように、マルク・シャガールは、気まぐれで夢のようなスタイルで芸術の慣習を打ち破り、モダンアートの影響力のある先駆者であった。彼の絵画は、想像力の力強さと、型にはまらないという執拗な精神の証である。シャガールは自らの芸術的ビジョンと情熱に従い、幻想と郷愁にユダヤの伝承と神秘主義を融合させた。彼の巧みな色使いと比喩的なイメージの言語によって、まったく新しい視覚的語彙を生み出すことができた。当時は物議を醸したが、シャガールの作品は時の試練に耐え、今日では20世紀美術の最も著名な人物の一人とみなされている。彼の人生と作品からインスピレーションを受けよう。平凡な日常から解き放たれ、イマジネーションの色であなた自身の世界を描いてください。

この記事を共有する
ジャーナリスト、アーティスト(写真家)。MCMアートセクション編集長。連絡先: art (@) martincid (.) com
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です