バンド(G)I-DLEの「Fate」が韓国で今週のトップ1。

K-POPグループ、(G)I-dleが2024年1月29日にリリースした2枚目のスタジオ・アルバム『2』で世界を席巻した。このアルバムに収録された数多くの曲の中でも「Fate」は、グループの多才さと創造性を示すユニークで感染力のある曲だ。

G)I-dleのリーダー、ソヨンが作詞とプロデュースを手がけ、Pop Time、Dailly、Likeyが作曲とアレンジを担当した「Fate」は、アルバムの中でも際立った曲のひとつだ。そのジャンルは、ポップ・パンクとファンクの融合と言える。その結果、キャッチーでダイナミックなサウンドが生まれ、あっという間に一緒に踊ってしまうだろう。

韓国語のタイトルは “나는 아픈 건 딱 질색이니까 “で、直訳すると “病気が嫌いだから”。このタイトルは、ネガティブな感情を拒絶し、人生におけるポジティブさを受け入れるという歌詞のテーマを反映している。韓国では「아.딱.질 “と呼ばれることもあり、タイトルに遊び心を加えている。

タグ付き:
この記事を共有する
フォローする:
アリス・ランゲは音楽に情熱を注いでいる。制作サイドでいくつかのバンドに所属してきたが、その経験をジャーナリズムの分野に生かすことにした。また、映画やテレビの批評をしたり、さまざまなイベントに参加したりしている。
(英語 連絡先: music (@) martincid (.) com
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です