木曜日, 11月 30, 2023

ケイトリン・デヴァー

1996年12月21日生まれのケイトリン・ロシェル・デヴァーは、アメリカの実力派女優。長年にわたり、2011年から2015年までの『ジャスティファイド』、2011年から現在までの『ラストマン・スタンディング』など、さまざまなテレビシリーズに出演してきた。彼女の特筆すべき功績のひとつは、2019年にNetflixのミニシリーズ『アンビリーバブル』に出演したことで、ゴールデン・グローブ賞のミニシリーズ部門で主演女優賞にノミネートされた。

ディヴァーはいくつかの映画でも演技力を披露しており、当初は『バッド・ティーチャー』(2011年)、『スペクタキュラー・ナウ』(2013年)、『ショート・ターム12』(2013年)、『デトロイト』(2017年)、『ビューティフル・ボーイ』(2018年)、『ディア・エヴァン・ハンセン』(2021年)といった映画で脇役を演じていた。しかし、彼女はその後、2019年の『Them That Follow』や『Booksmart』を皮切りに、主役へと転身している。今後の出演作は、『Ticket to Paradise』(2022)、『Rosaline』(2022)、『No One Will Save You』(2023)など。

関連記事