『Talk to Me』(2023)映画レビュー:ソリッドなホラー

Talk to Me

『Talk to Me』(2022年)は、ダニー&マイケル・フィリッポウ監督によるホラー映画で、ソフィー・ワイルド、ジョー・バード、アレクサンドラ・ジェンセンらが出演している。

A24スタンプが押され、今年最も怖い映画と賞賛された 『Talk to Me』は、批評家によれば、映画に永久の革命を起こしに来た2人の若い映画監督のデビュー作である。

彼らはそのつもりでやってきたのかもしれないが、この映画は主張されているほど画期的ではなく、そのストーリーは完全に斬新な映画へと導いてはくれない。

良いホラー映画だろうか?確かに、この2人の映画監督は演出の仕方を熟知している。このジャンルにおける素晴らしい処女作である以上に、彼らが本当に映画に革命を起こしたかどうかは、時間が経たなければわからない。この映画では、彼方からの霊との遭遇という、かなり古典的な物語に出会うことになる。

Talk to Me
Talk to Me

あらすじ

保存されていた手を使って霊を呼び出す能力を発見した仲間たちは、新たなスリルの虜になる。しかし、その中の一人が危険な一線を越えてしまったとき、彼らの魅力は暗転する。

Talk to Me
Talk to Me

『Talk to Me』のレビュー

ホラー映画として生まれ、まさにそれを目指したホラー映画であり、あらゆる学問と、すでにすべてが発明されていると主張するこのジャンルの伝統を駆使している。ヘレディタリー』のような秀作があれば、そう主張する人たちに反論できるだろう。『Talk to Me』は、優れた職人技とひねり、さらには文体的な野心によって、10代の若者たちのグループと、占いボードにまつわる悲惨だがお馴染みの結末の物語を再び提供する映画の範疇に入る。

この映画に付随する評価は、製作会社による卓越したマーケティングのせいかもしれないし、あるいは100本や200本のホラー映画しか見たことがない人のせいかもしれない。しかし、この映画は宣伝されているほど驚くようなものではなく、しかもそうなるための土台が欠けている。

とはいえ、優れたテンポを維持し、その完成度が高いレベルに達していることから、その撮影技術は評価に値する。フレーミング、編集、エフェクトは技術的に非常によくできている。しかし、この作品は、古典的な型にはまったティーンエイジャー向けホラー映画であることに終始しており、決してそれをやめようとはしていない。このジャンルの中で高いクオリティを維持しているにもかかわらず、それを超越することも再発明することもない。

私たちの意見

良い映画だ。公開前に大きな期待を抱いていなければ、おそらく嬉しい驚きだっただろう。しかし、公開前の誇大宣伝が私たちを迷わせ、期待しすぎたことで、結果的にもっと多くを望むことになった。

映画予告編

映画製作者

Danny and Michael Philippou

Michael Philippou
Michael Philippou
Danny Philippou
Danny Philippou

ホラー映画『トーク・トゥ・ミー』は、ダニーとマイケルのフィリッポウ兄弟の監督デビュー作。キプロス出身のオーストラリア人監督であるふたりは、孤独や精神衛生問題をテーマにした不穏な短編映画で知られる。ダニーとマイケル・フィリッポウは、両親のビデオカメラで一緒に不気味な短編映画を撮って育ち、その後、心理的スリラーで知られるようになった。彼らの短編映画はYoutubeやFacebookで配信され、何百万もの再生回数を記録した。そして今年、兄弟はついに初の長編映画をサンダンス映画祭でプレミア上映した。

キャスト

Sophie Wilde
Sophie Wilde
Alexandra Jensen
Alexandra Jensen
Joe Bird
Joe Bird
Miranda Otto
Miranda Otto

Otis Dhanji
Zoe Terakes
Chris Alosio
Marcus Johnson
Alexandria Steffensen
Ari McCarthy

この記事を共有する
作家、パイプ愛煙家、MCM創設者
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です