「ワン・デイ 23年のラブストーリー」(2011) アン・ハサウェイとジム・スタージェス共演のロマンチック・ドラマ映画

ワン・デイ 23年のラブストーリー

ワン・デイ 23年のラブストーリー」は、ローン・シェルフィグ監督、アン・ハサウェイジム・スタージェス主演の恋愛映画。原作はデヴィッド・ニコルズの小説。

時の試練を乗り越えて愛を貫くロマンチックな物語がお好きですか?愛し合う運命にある2人の人物を描いた映画は好きですか?ひとつだけ言えることは、もしあなたがそういう人たちで、まだこの映画を観ていないなら、「ワン・デイ 23年のラブストーリー」はあなたのお気に入りの映画のひとつになるということだ。もしあなたが殺人スリラーが好きで、また真実の犯罪を期待しているのなら…逃げて、振り返らないで。たった1日で経験する…愛がいかに美しいものであるかを描いたこの素晴らしい映画にチャンスを与えることもできるけれど。

プロット

エマとデクスターは大学卒業後の7月15日に出会う。それはほんの束の間の出会いであり、浮気にも近かったが、その日をきっかけに、それぞれが生きていかなければならない人生の段階を経て、数年間続く愛が芽生える。

映画について

登場人物とともに成熟し、ドラマチックなタッチを多用したほろ苦いトーンを決して捨てない、素晴らしい脚本の映画。状況に流され、分析しすぎなければ、観る者を思い通りに連れて行ってくれる映画のひとつだ。どうやって?アン・ハサウェイ(特に)とジム・スタージェスという2人の名優が、1本の映画の中で多くの領域に触れ、見せなければならない時には見せ場を作り、お互いを踏みにじることなく相手に演技をさせ、そして何よりも、恋に落ちずにはいられない魅力的な2人のキャラクターを体現しているのだ。

知的で非常にインテリジェントな脚本は、欺き、誘惑する術を心得ており、人々を魅了する。ロマンチックな物語でありながら、よく練られている。2人の登場人物の1日の生活を数年かけて描き、2人の愛がどうなるのか、そしてその行方を見守るというのは素晴らしいアイデアだ。

さらに、ネタバレにならない程度に、もしあなたが涙を流すのが好きなタイプなら……この映画にはたくさんのドラマがあるので、満足できること請け合いだ。

私たちの意見

コメディー、ドラマ、そしてたくさんのロマンスが詰まったこの素晴らしい映画は、今回ばかりはこのジャンルと私たちを和解させ、すべてのラブコメがひどいものではないと断言している。愛についての映画であり、愛が距離、時間、不在を通して、いかに私たちの中で成長するかを描いている。

ワン・デイ 23年のラブストーリー
ワン・デイ 23年のラブストーリー
タグ付き:
この記事を共有する
作家、パイプ愛煙家、MCM創設者
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です