ダン・レヴィとは?

Dan Levy. By Condé Nast (through Vogue Taiwan), CC BY 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=94596096

ダン・レヴィは、その卓越した才能と創造的なビジョンにより、エンターテインメント業界で瞬く間に有名になりました。 1983年8月9日、カナダのオンタリオ州トロント生まれ。 MTVカナダでのテレビ司会者としてのデビューから、大ヒットシットコム『Schitt’s Creek』での画期的な仕事まで、レヴィのキャリアは注目に値するものばかり。

ユージン・レヴィとデボラ・ディヴァインの間にオンタリオ州トロントで誕生。 父ユージン・レヴィは有名な俳優でありコメディアン。 レヴィは父親がユダヤ人であるため、クリスマスとハヌカの両方を祝う家庭で育つというユニークな経験をしました。 彼はユダヤ教の伝統を受け入れながら、母親のプロテスタント信仰にも感謝し、バー・ミツバを行いました。

高校はノース・トロント・カレッジ・インスティテュートに通い、その後ヨーク大学とライアソン大学で映画製作を専攻。 このような早期の教育経験が、彼の将来のエンターテインメント業界でのキャリアの基礎を築いたのです。

レヴィのキャリアが脚光を浴びるようになったのは、MTVカナダの看板シリーズ『MTVライブ』の初代共同司会者7人のうちの1人として加わったとき。 The After Show』やそのスピンオフ番組『The Hills』など、さまざまな番組の共演者として瞬く間に人気を獲得:The After Show』や『The City:ライブ・アフターショー カリスマ的な存在感と機転の利いたレヴィは視聴者の人気者。

MTVカナダ在籍中、レヴィは俳優業にも進出。 カナダのTVシリーズ『Degrassi: The Next Generation』では、映画プロデューサー役で4エピソードに出演。 これによって彼はテレビ俳優の世界に足を踏み入れ、将来の成功の基礎を築いたのです」。

2015年、ダン・レヴィは父ユージン・レヴィとCBCのシットコム『Schitt’s Creek』を共同制作。 この番組は、突然無一文になり、かつて冗談で買った小さな町に住むことを余儀なくされた裕福なローズ一家の旅を描いています。 レヴィはこのシリーズの共同製作者であるだけでなく、ローズ家の機知に富んだ派手な息子、デイヴィッド・ローズというキャラクターも演じています。

シッツ・クリーク』は瞬く間に国際的な評価を獲得。 ユーモアと心温まる語り口、そして卓越した演技のユニークな融合で、このショーは文化的現象となりました。 レヴィが演じたパンセクシュアルのデイヴィッド・ローズは、特に注目され、その本格的な表現が高く評価されました。

シッツ・クリーク』の成功は、数々の賞やノミネーションによってさらに確固たるものとなりました。 レヴィは同番組の最終シーズンで、プロデュース、脚本、監督、出演でプライムタイム・エミー賞を受賞。また、「シッツ・クリーク」は、プライムタイム・エミー賞の4大コメディ演技部門すべてで1年以内に受賞した初のシリーズとなり、歴史に名を刻みました。 さらにレヴィは、この番組での活躍が認められ、カナダ・スクリーン・アワードで4部門、合計18部門にノミネート。

Schitt’sCreek』の終了で、ダン・レヴィはエンターテインメント業界に波風を立て続けています。 2020年8月、アルバータ大学主催の「Indigenous Canada」と題した12週間の自習型MOOC(Massive Open Online Course)に登録、推進。 レヴィは、コースの講師やゲスト・スピーカーへのライブストリーム・インタビューを行い、有意義な議論を巻き起こし、同大学のネイティブ・スタディーズ学部への寄付を促しました。

レヴィは映画にも進出し、HBOのテレビ映画『コースタル・エライツ』でベット・ミドラー、ケイトリン・デヴァー、サラ・ポールソン、アイサ・レイらと共演。 このプロジェクトは、COVID-19の大流行中に遠隔撮影されたもので、この困難な時代を生き抜く5人の人生を探ったものです。

2021年2月、レヴィは『サタデー・ナイト・ライブ』の司会を務め、コメディアンとしての才能を発揮し、多才なエンターテイナーとしての活躍の場をさらに広げました。 また、2019年9月にABCシグネチャーと3年契約を結び、その後2021年9月にネットフリックスと映画とテレビにわたる脚本コンテンツの脚本と制作の包括契約を結びました。

ダン・レヴィはトロントとロサンゼルスを行き来していますが、2005年に住んでいたロンドンには特別な思い入れがあります。 18歳のときにゲイであることをカミングアウトし、自身の性的指向をオープンにしてきました。 レヴィの正直さと誠実さは、LGBTQ+コミュニティにおいて影響力のある人物となり、平等と受容を主張するために自身のプラットフォームを使い続けています。

アドボカシー活動に加え、レヴィは慈善活動にも積極的に取り組んでいます。 LGBTの青少年団体への募金活動など、さまざまな活動やイニシアチブを支援。 2019年の彼の誕生日には、『シッツ・クリーク』のファンがLGBT青少年のために、彼に敬意を表して2万ドルの募金を集めました。

フィルモグラフィー

ダン・レヴィはそのキャリアを通じて、俳優としても映画監督としても多才ぶりを発揮。 彼のフィルモグラフィーの中から代表作をいくつか紹介しましょう:

映画

  • サイバーストーカー(2012)
  • 入学(2013)
  • ハピエスト・シーズン(2020年)

テレビ

  • シッツ・クリーク(2015~2020年)
  • デグラッシ:ネクスト・ジェネレーション(2006)
  • ザ・グレート・カナディアン・ベイキング・ショー(2017年~2019年)
  • サタデーナイトライブ(2021年)

ミュージックビデオ

  • WEtvによる「ロボット・イジメ」(2017年)

受賞歴

ダン・レヴィの才能とエンターテインメント業界への貢献は広く認められています。 以下は、彼が受賞した賞とノミネートの一部です:

  • プライムタイム・エミー賞最優秀コメディ・シリーズ、最優秀コメディ・シリーズ助演男優賞、最優秀コメディ・シリーズ脚本賞、最優秀コメディ・シリーズ監督賞(シッツ・クリーク)
  • カナディアン・スクリーン・アワード最優秀コメディ・シリーズ賞、最優秀脚本賞(コメディ番組・シリーズ)、最優秀コメディ・シリーズ賞(シッツ・クリーク
  • カナダ勲章(2023年)

ダン・レヴィがテレビの司会者から有名な俳優、映画監督になるまでの道のりは、彼の才能、努力、献身の証です。 シッツ・クリーク』で演じた彼は、世界中の観客を楽しませただけでなく、障壁を打ち破り、重要なLGBTQ+の表現をスクリーンにもたらしました。 レヴィが新たなプロジェクトを模索し、視野を広げ続けるにつれ、彼が業界に与える影響は間違いなく拡大し続けるでしょう。 慈善活動やアドボカシー活動を通じて、彼は世界中の無数の人々にインスピレーションを与えています。 ダン・レヴィは真の新星であり、エンターテインメント業界における彼の未来は信じられないほど明るい。

タグ付き:
この記事を共有する
ペネロープ・H・フリッツは、プロフィールや伝記を通して個人の本質をとらえる天賦の才能を持つ、熟練したプロのライターである。彼女の言葉は雄弁で洞察力に富み、対象人物を鮮やかに描き出し、読者を魅了する。
コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です